世界一美しい街、チェスキークルムロフを歩く

世界一美しい街、チェスキークルムロフを歩く

プラハを楽しんだ後は、チェコとオーストリアの国境近くの街、チェスキークルムロフへ行きました。
このチェスキークルムロフは「世界で最も美しい街」の一つとして多くの観光客が訪れる、川と森林に囲まれた小さな街です。

世界一美しい街、チェスキークルムロフ


チェスキークルムロフは聖ビート教会を中心とした小さな街で、2時間もあればぐるりと見てまわることができます。
また、丘の上にはクロムロフ城があり、城壁にあるテラススペースからは街を一望することができます。

プラハのような都会とはまた違う、小さな街ならではの住民の温かさや、居心地の良さを感じました。
街の中心地にはレストランやお土産屋さんがたくさんあるし、出店もあるので食べ歩きにも最適です!

街の中心地を抜けてお城に繋がる橋へ向かうと、キャッスルタワーという展望台が見えてきます。
このタワーも観光客に人気のスポットで、タワーに登るとチェスキークルムロフの街が一望できるし、遠くの山々まで眺められます。

川にぐるっと囲まれた美しい街並み


お城まで登ると美しい街並みが一望できます!
空の青、家々の屋根のオレンジ、木々の緑がよく映えますね。

ちなみに、お城までの道のりはかなり長〜い坂道を歩いていかなきゃなので、ビューポイントに着く頃には軽く息が上がっています。
途中にベンチがあるので休みながら、水分補給しながら、お散歩がてら行ってみてください。
歩いた分以上の感動がありますよ!

チェスキークルムロフは小さい街だからすることがあまりなさそうですが、それがいいんです!笑
旅では移動が多かったり、たくさん歩いてのんびりする時間があまりなんですけど、ここでは時間の流れを感じながら過ごせます。
わたしは街を囲っている川のほとりに腰掛けて、水の流れを眺めたり、ボートを楽しむ人をみて過ごしました。
まさに、癒しの街です。

夜景も楽しむ


昼間はもちろん、夜も楽しめるのがこの街のいいところ!
お城まではすぐに行けるので、腹ごしらえをしたらもう一度来ました。
夜は街灯のオレンジの光のみで、とても幻想的です。

しかし、この日はあいにくの曇り空。星が見えず少し落ち込んでいたんですけど。
「ゴロゴロ・・・」と雷が!これはイナズマを撮るチャンスだ!ということで引き続き撮影続行です。
そしてどんどん風が強くなり、雨も激しくなって来ました。

帰りはびしょ濡れで、風が強くて寒かったんですけど、それはそれでいい思い出になりました!
ちなみにこの時、日本人の男の子と一緒に撮影してて、雨風が強すぎて2人して「ディズニーのアトラクションだー!いえー!」とか言いながら撮影したのが特に楽しかったです笑

早朝の街並みと朝霧


次の日、この旅では恒例になりつつある朝活をしました!
宿を出るとちょうど空が赤く染まり始めたので、急いでお城までの坂道を駆け上がりました!
ビューポイントに着くと息切れがすごかったんですけど、この朝焼けを見ると手も止めずにシャッターを切っちゃいましたね。

周りを山に囲まれていて、前日の夜に雨が降ったので霧も出てすごく綺麗でした。
早朝なので何も音が聞こえず、鳥の声もなく、ただただ静かな空間を楽しめました。
これだから、朝活はやめられませんね!

もっとチェスキークルムロフを楽しむ!

おすすめグルメ


景色を楽しむのはもちろんですが、チェスキークルムロフではおすすめしたいスポットが他にもあります!
まずオススメしたいのがこのチェコビール!なんとチェコは世界一ビールを飲む国なんです。
わたしは普段あまりビールを飲まない、というよりちょっと苦手で飲めないんですけど。
チェコビールは口当たりが軽く、苦味もないし、そしてビール特有の炭酸もほぼないのですごく飲みやすかったです!
ビールが苦手な人もぜひ一度飲んでみて欲しいです。

チェスキークルムロフがある地域はマスの養殖が盛んなので、美味しいマスを食べられます。
このマスがもの凄〜く太っていて、脂が乗っているけどクセのないシンプルな味でした!
皮はパリパリ、身はふっくら。しかも臭みもないし、塩加減が絶妙でした!
なのでチェコビールとよく合います。飲み過ぎ注意!笑

お土産


たくさんのお土産がある中、わたしがチョイスしたのはこの木の置物です。
形が可愛いし、木の香りがすごく好きでした。
チェコではこのような木を使ったお土産が有名なようなので、ぜひお一つ買ってみてください。
価格も1000円以下で買えるものがたくさんあるし、手のひらサイズのものが多いので、色々なものを選べますね!

チェスキークルムロフへの行き方

スチューデント・エージェンシーバス

さいごに、行き方を紹介します!
というのも、プラハからバス1本で行けちゃうので、プラハに行きことがあったらぜひ行って欲しいんですね〜
プラハからチェスキークルムロフへはバスで約3時間。その上、そのバスがすっごく快適なんです・・・!

今回わたしは「STYDENT AGENCY(スチューデント・エージェンシー)」を利用しました。
片道7〜8ユーロ(約1000円)で、バス車内はWiFiが使えるし、コーヒーやココアなどの飲み物も無料で提供してくれます。
また、一人一人にモニターがあるので、テレビやゲームを楽しむこともできます。(もちろん日本語はありません笑)
車内にはトイレもあるので、途中で行きたくなっても安心です。

予約方法

詳しい予約方法やバスの乗り方はこちらのサイトがわかりやすかったので、ぜひチェックしてください。
バスも黄色の車体で、バス停にはたくさんの人が集まっているので迷うことなく乗れると思います!

プラハからチェスキークルムロフへのバスでの行き方を、豊富な写真をまじえて詳しく解説。

さいごに

今年の夏旅、2箇所目の目的地は噂に違わず本当に美しく、癒される街でした!
プラハからのアクセスもしやすいのも魅力の一つ。また行ってみたい場所になりました。
次の目的地はこれまた「世界で最も美しい街」シリーズです!お楽しみに!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)