【Q&A】海外旅行の航空券はどうやって予約する?


海外旅行でのQ&Aシリーズ、前回は行き先まで決めました!
これから行き先決めるよ〜って方は、こちらの記事を参考にしてください。

【Q&A】海外旅行の行き先はどうやって決める?
今まで4回海外旅行に行った経験と、その時にわたしが迷ったり疑問に思ったことを中心に、Q&A形式で色々なことを書いていきたいと思います。まず初めは、海外旅行に...
行き先が決まれば次は航空券を買います。
航空券と宿泊先がセットになっている旅行会社のツアーに申し込む方法もありますが、わたしは全てのスケジュールを自分で決めたいので、航空券、宿泊先、途中の移動の全てを自分で手配しています。
今回は、航空券の手配の方法を紹介していきますね!

トラベルコを利用

わたしは航空券の予約はトラベルコというサイトでしています。
下のリンクをクッリクしたら、「海外 航空券」を選びます。

旅行比較サイト|格安航空券・ホテル・ツアー【トラベルコ】
【トラベルコ/TRAVELKO】格安航空券、国内・海外旅行・ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト。全国の旅行会社や旅行サイトの価格を一目で比較できます。...

試しに、わたしが今度のゴールデンウィークに行くエアーズロックとシドニーへの航空券を入力しました。
日付は日本を出発する日、現地の空港の場合は現地時間を入力します。
この「現地時間」というのが案外大切で、ヨーロッパなど、時差が結構ある場所に行くときは、現地出発時間が朝でも帰国が次の日の夜、なんてこともよくあるので、計画的に入力しましょう。

周遊券は経由地も忘れずに

今回の旅は福岡とエアーズロックだけの往復ではなく、シドニーも挟みます。
そうすると、このページに飛んできた時にデフォルトになっている「往復」ではなく、「複数都市(周遊、オープンジョー)」を選んでください。
その後、出発地→一つ目の行き先、一つ目の行き先→二つ目の行き先、二つ目の行き先→帰国地、といった具体に入力します。
今回の場合では、福岡→エアーズロック、エアーズロック→シドニー、シドニー→福岡ですね。
もし、経由地を出発する日付をまだ決めていない場合は、行きと帰りの航空券だけ予約しておいて、あとでその間の航空券を買うという手もあります。
途中の経由地をまだ迷っていたり、日付を決めていない、なんてときは航空券は早い方が安いので、とりあえず行きと帰りだけでも買っておくことをオススメします。

価格の上限を決める


必要な情報を入力したら、いざ、検索ボタンを押します。
そうすると、たくさんの候補が価格が安い順に表示されます。
ざっと候補を見てみて、大体の価格帯を把握したら、価格の上限を決めます。
あらかじめ「これくらいまでなら出せる」と決めておくことで、このあと確認していく「出発時間と到着時間」と「乗り継ぎ時間と回数」の条件を見ていくときに決めやすいです。

出発時間と到着時間を確認する

候補を見ていくと、早朝便や深夜便が安いことに気づくと思います。
とにかく旅費を安くしたい!という場合は時間を気にしなくてもいいと思いますが、わたしは安さと快適さを兼ね備えた便を選ぶようにしています。

出発する時間はお昼過ぎがオススメ

まず、日本の出発時間はお昼過ぎの便を探します。
早朝だとバタバタしてしまうし、夜だとせっかくの休暇の1日を無駄にしてしまいます。
社会人の限られた休暇を効率的に過ごすために、わたしにとって最適な時間がこれでした。
お昼過ぎの便だと、慌てずに空港に迎えますし、準備し忘れたものがあればギリギリ当日に買いに行けます。
帰りの便も同じように、現地出発時間はお昼過ぎがいいですね。
海外での慣れない移動もありますし、何より、日本とは違って空港でのチェックインにかなり時間がかかります。
早めに行こうと思ったら交通機関がまだ動いていないためタクシーが必要になるので、早朝便よりお昼前後が便利です。

帰国時間も忘れず確認

日本に到着する日付と時間もきちんと確認しましょう。
例えば、現地出発が休暇最終日の前日のお昼だとして、日本帰国時間が休暇最終日になっているか、確認が大切です。
間違っても、帰国日が仕事の日にならないように・・・
(以前、オランダで出会った旅の先輩のお姉さんは、とにかく旅行が好きだから、帰国日は最悪仕事がある日の早朝にしてしまうこともある、と言っていたので、そこはお好みで!)
帰国後の翌日から仕事がある場合は、午前中に帰国できる便の方が、家に帰ってゆっくりできますよ。

乗り継ぎ時間・回数を確認する

ここまで見てきて、候補を3つくらいに絞ります。
最後の決め手は、乗り継ぎ時間と回数です。
検索した候補の「詳細・予約」ボタンを押すと、どの空港で何時間乗り継ぎのための待ち時間があるのか、などを確認できるので、見てみましょう。
わたしの経験としては、乗り継ぎ時間が6時間以上になると結構ツライです。
空港内で何時間も待つ、というのはかなりストレスが溜まりますし、横になれないので体も疲れます。
また、回数は多くて2回までが限度ですね。

合計時間も確認する

候補の矢印の下に書いている時間は、出発から到着までの合計時間です。
これについては、25時間以上になるとツラくなってきます。
せっかく目的地に着いても、体がヘトヘトで観光する気分になれなかったり、帰国後に疲れが取れなくなったりするので、自分の中で何時間まで、と上限を決めておくといいと思います。

いざ、購入!

便が決まったら、予約から購入しましょう!
航空券の価格は日によって変わってしまいます。
もしかしたら、明日には高くなっているかもしれません。(わたしも、予約はあとでいいや〜と思って数日後にみてみると、5万円も値上がりしていたことがあります)
また、時間が経ってしまうと「やっぱり一人で海外は不安だから、今回はやめておこう・・・」と思ってしまうかも。
そう思う前に、買ってしまうのもアリです!
買っておけば、キャンセルするのも勿体無いので行くための準備を始めちゃいますよ!
わたしも、初めての一人海外旅行の時は、気が変わらないうちに!と思って、すぐに買いました。

おわりに

ここまで読んで、航空券を買うに至ったあなた!
あとは、楽しい旅が待っていますよ!
でもその前に、準備をしっかりしていきましょうね。
次回は、旅の準備に何が必要かを書いていきますので、お楽しみに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする