台湾旅行を振り返る!グルメ編

11月に2年ぶり2回目の台湾に行ってきました!
ということで今日は、台湾といえばグルメ!なので、2回の台湾旅行で食べた美味しいものをたくさん紹介していきますよ!

寧夏夜市


台北の夜市ではローカル的な寧夏夜市(ニンシアイエシー)。
ここは宿泊していたホテルから近かったので、ほぼ毎日通っていました!
と言っても、二回目以降はタピオカジュースを買うために寄っていたようなものですが笑。

初めての台湾メシはこれからスタート!
見た目は焼きそばのようですが、もちろんソースではないです。
醤油系の味付けで、日本人も好きなはず!

こちらは蒸し餃子。
小籠包とは違って、皮がもちもちでとても食べ応えがあります。
具材はキャベツと豚肉というシンプルなものなので、いくつでも食べられそうでした!

そしてこれ!鶏肉飯(ジーロウファン)がすっごく美味しかったです!
甘めの味付けに、柔らかい鶏肉。温かいご飯。また食べたいです。

士林観光夜市


台北の夜市でも一番規模が大きい士林観光夜市(シーリングアングアンイエシー)。
まず出迎えてくれたのはこの大きな看板。
ついに来たー!と興奮気味に入っていき屋台を探すも、それらしきものはどこにもない。あれ?

なんと、飲食をする場所は地下にあるようで、入り口をやっと見つけました。
なんだかダンジョンを歩いているようで、楽しかったですよ!
下へ降りると、所狭しとお店が並んでいて、どこに入ろうか目移りしてしまいます。


これは、日本でいうホットドッグのお店。味付けが結構独特で、ニンニクも多くて刺激的でしたよ!
わたしが食べたものはニンニクの塊がものすごくたくさん入っていたので、ニオイが残るわ、気分が悪くなるわで大変でした笑

火鍋


これも、台北に来たら食べたかった一品!
寧夏夜市の近くにある天喜迷你火鍋(ティエンキミニフオグオ)というローカルで人気のお店に行きました。
一人ずつコンロと鍋が配置されて、それぞれ好きな味の鍋を選ぶことができます。

見て下さい、この、湯気!見るだけでお腹が減ってきました!
味付けは色々用意されているので、好みで変えられます。
お鍋の値段は200元からで、意外とリーズナブル。
店員さんは日本語が得意なようで、メニュー内容を詳しく教えてくれたので、好きなものを選べますよ!

小籠包と餃子


この旅で一番興奮したのがこれ!小籠包!
皮はモチモチ、肉汁ジュワ~。
甘めのタネで、どんどんお箸が進みます。
テッパンの小籠包は8個90元とリーズナブル!
他にも色々な種類の小籠包があるので、食べ比べをしても楽しく頂けますよ!

そして、おまけ程度の気持ちで頼んだこの餃子がもう!絶品でした!
厚めの皮にお肉多めのタネ。美味しくて大興奮しました!
このお店は日本人観光客に人気なので、食事時を避けていくと比較的スムーズに入店できると思います。

豆花


台湾に来たら忘れちゃいけないのが絶品デザート!
こちらはホテル近くにある迪化街(ディーフアジエ)の、杏仁豆腐専門店、夏樹甜品(シアシューティエンピン)。
台北では豆花(ドウファ)というそうです。
なんと、ここで扱っている砂糖はサトウキビから作っているそうです。健康に良さそう!
好きな杏仁豆腐を決めたら、次はトッピングを決めます。

シンプルだけどこの存在感!甘さ控えめで、いくらでも食べられそうなほど軽い口当たりでした。
台北に行ったらもう一度食べたい味だし、ぜひ自分でも作ってみたいです!

まとめ

台北のグルメは全体的に甘めの味付けだった印象。
そしてどれも美味しい!
特に小籠包、火鍋、豆花がおすすめですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする