天空へと続く赤い鳥居!福岡県の浮羽稲荷神社

赤い鳥居が連ねっている神社、といえば京都の伏見稲荷大社を思い浮かべますよね。
しかし、同じように鳥居がいくつも連なっている神社は他にもあります。
そのうちのひとつが、福岡県うきは市にある浮羽稲荷神社です。

浮羽稲荷神社


ここ浮羽稲荷神社は、耳納連山の麓から中腹にかけて、約200段の階段に、90本もの鳥居が連なっています。
階段の段数も多いうえ、山の斜面にある鳥居なので、なかなかに急な参拝路となっています。
なので、階段を登っている最中に疲れたときは、ぜひ後ろを振り返ってみてください。
広大な筑後平野が広がっていますよ!

約20分程かけて階段を登りきると、こんな景色が見られます!
鳥居の赤と、山の緑と、空の青がとっても映えますね!
鳥居を少し斜めから眺めると、道路から鳥居まで一本道で繋がっているようにも見えます。

アクセス


鳥居の入り口は52号線沿いにあるので分かりやすいですが、駐車場が少し分かりにくいです。
北から52号線を来て、左カーブになる前のところに、右手に柿畑に入っていく道があります。

ここを上っていくと、3台ほど駐車できるスペースがあるので、車でお越しの場合はこちらをご利用ください。

まとめ


近くにこんなスポットがあると、ついつい何度も通ってしまいますよね。
秋は紅葉、冬は雪景色も楽しめるスポットなので、また行ってみたい場所です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする