【旅行記】早起きは三文の徳!ウルルサンライズツアーで爽やかな朝を迎える

【旅行記】早起きは三文の徳!ウルルサンライズツアーで爽やかな朝を迎える

オーストラリア2日目は、早朝5時に起きて!ウルルサンライズツアーに参加して来ました。
このツアーは前の記事で紹介した各種ツアー付きのプランに付属しているので、申し込めば誰でも参加できます。

福岡発、関空とシドニー経由で24時間!やっと到着したエアーズロック空港に降り立った時のワクワク感は今でも忘れられません。空港からもウルルが見えるので、やっと来…

長時間の移動のあと、カタ・ジュタ散策からのウルルサンセットに前日参加し、結構疲れが溜まっている2日目の早起きですが、頑張って起きましょう!

地平線から徐々に昇る太陽


サンライズツアーは日の出の1時間ほど前にホテルにツアーバスが迎えにきて、日の出会場へと連れて行ってくれます。
わたしが行った5月は、7時頃に日の出なので、6時前にホテルロビーに集合でした。
早朝は気温が低くとても寒いですが、日の出会場では暖かい飲み物(コーヒー、紅茶、ココアなど)が用意されているので、肌寒い早朝でもほっこりできます。
ちなみに、朝ごはんは前日に用意しておく必要があります。ホテル近くにスーパーマーケットがあるので、そこで調達しておきましょう!

鑑賞スポットの展望台


日の出は展望台から見る人が多いです。
ツアーガイドさんもこの場所を説明してくれるので、わたしも行ってみましたが、人が多すぎてゆっくりできないなあと思ったので、別の場所に移動しました。
展望台の下に散策路があるので、そこを下って行くと、あまり人がいない開けた場所に着きます。

早朝のウルル


その場所からの眺めです!
まだ太陽が昇りきっていない時間は、空は薄紫から青色に染まっていて、空気も涼しく凛としていて、これから新しい一日が始まるのだと感じることができます。

太陽が昇るとウルルに光が当たってほんのり赤く染まります。
空の色も爽やかな水色になってきました。
日の出の時間はほんの数分で空の色がくるくると変わるので、写真に撮るのはもちろん、ゆっくり眺めるだけで楽しめます。

おわりに


移動と前日の疲れが少し残っているまま出発したサンライズツアーですが、いざウルルを見ると疲れも吹き飛ぶくらい清々しい景色を目にすることができました。
そしてこの日の夕方は、この旅で一番楽しみにしていたツアーです!次回の記事もお楽しみに!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)